FGF-21(fibroblast growth factor 21)

線維芽細胞増殖因子FGF)のひとつ。ヘパトカインの一種。

膵臓や空腹時に肝臓から分泌される。白色脂肪細胞においての取り込みを促進する。また、中枢神経髄鞘の修復に関わるとされる。*1*2

PGC-1α発現増加を介して白色脂肪細胞褐色脂肪細胞へ変化させる作用や肝臓における中性脂肪の蓄積抑制、筋肉におけるインスリン感受性の改善などの作用が確認されており、肥満などの代謝異常に対する治療薬の候補。*3

*1骨格筋と脂肪組織にかかわる最近の話題 ホルモンIrisinと白色脂肪細胞の褐色脂肪細胞化: http://nutrition.life.kpu.ac.jp/wp-content/uploads/2015/01/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E3%81%A8%E7%94%9F%E7%89%A9-%E5%AF%84%E7%A8%BF.pdf
*2傷ついた神経回路を修復させる仕組みを解明 — リソウ: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2017/20170822_1
*3神戸薬科大学・微生物化学研究室 小西守周 中山喜明 増田有紀 細胞外分泌因子FGF21による生体機能調節: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2016.880086/data/

FGF-21に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-05-01 (火) 17:22:37