健康用語WEB事典

N-クロロアルドイミン(N-chloroaldimines)

一部のアミノ酸アラニンイソロイシンロイシンフェニルアラニンバリン)を塩素処理した際に発生する、分子中に =N-Cl の構造を有する化合物の総称。*1*2

カルキ臭の原因と考えられている。

トリクロラミンと同様にCl/Nのモル比が大きいほど生成しやすいが、トリクロラミンとは逆にpHが高いほど生成されやすい。

*1N-クロロアセトアルドイミン分析法の開発とその応用: http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00517/2015/52-0045.pdf
*2水道水中の不快な臭気物質N-クロロアルドイミン 高橋保雄 小野寺祐夫: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jec/22/3/22_121/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


N-クロロアルドイミンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-09-23 (水) 15:42:21