健康用語WEB事典

PAD4(peptidyl arginine deiminase 4)

ペプチジルアルギニンデイミナーゼのひとつ。p53により発現制御される。ヒストンシトルリン化を介してクロマチン構造を変化させ、ダメージを受けた細胞に対してアポトーシスを誘導することが報告されている。

PAD4を発現させた細胞内では、FEThnRNP?など特定の配列(RGGモチーフ?)を持つRNA結合タンパク質シトルリン化される。筋萎縮性側索硬化症への関与が示唆されている。*1

*1東京大学 RGGモチーフに対するシトルリン化修飾の意義を解明 タンパク質凝集性およびALS発症への関与: http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/files/180207.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


PAD4に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-28 (火) 08:55:06