SETDB2(SET domain bifurcated 2)

Ⅰ型インターフェロンインフルエンザウイルスの刺激を受けた気道上皮細胞ならびにマクロファージが高発現する酵素*1

*1KAKEN — 研究課題をさがす | インフルエンザウィルス感染に併発する細菌性肺炎のエピジェネティクス解析 (KAKENHI-PROJECT-23790445): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-23790445/

SETDB2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-12-21 (金) 08:56:29