XPC(xeroderma pigmentosum complementation group C)

ヌクレオチド除去修復?の初期段階において、DNAの損傷部分を発見する役割を持つタンパク質塩基対に異常が起きた部分に結合する。色素性乾皮症原因遺伝子のひとつ。*1

XPCが結合した部分が損傷であるかどうかを確認するのはXPD?の役割である。*2

*1研究内容 | 神戸大学 バイオシグナル総合研究センター 菅澤研究室: http://www.research.kobe-u.ac.jp/brce-sugasawa/research_1.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 基本転写因子の欠損による遺伝病の病態と機能の関連性に対する生化学及び遺伝学的解析 (KAKENHI-PROJECT-12877359): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-12877359/

XPCに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-12 (日) 08:08:24