強心作用(cardiotonic effect)

心臓筋肉心筋)の収縮力を強化する作用のこと。強心作用を高める薬を強心薬と言う。

心臓に存在するβ受容体β1受容体β2受容体)が心筋収縮の強さと心拍数の調整に関与するため、これらの受容体を刺激することで強心作用が得られる。*1

*1重要ポイントをバッチリ理解!おさえておきたい循環器疾患の治療薬: http://www.igaku.co.jp/pdf/1112_heart-03.pdf

強心作用に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:09:31