蠕動運動(peristalsis)

管状の器官が物質の輸送のために行う、波打つような収縮運動不随意運動)。単に蠕動とも。

例えば、を始めとする消化管が食物を口腔側から肛門側へと移動させる際に起こる。これは内容物が消化管壁を広げたときの反射によって起こる。また、空腹の場合も十二指腸からモチリンと呼ばれるホルモン分泌され、強い蠕動運動が起こり、腹鳴り(お腹がグーと鳴ること)が起こる。*1*2*3

手術後、麻酔などの影響で蠕動運動が止まる。これによって起こる可能性のある腸管癒着イレウスを防ぐために、蠕動運動を促進させる様々な療法が行われる。*4

*1生物エッセイ│埼玉大学 生体制御学科 / 生体制御学コース: http://seitai.saitama-u.ac.jp/essay2011_03.html
*2獣医学専攻 獣医薬理学研究室 堀 正敏 准教授 農学最前線: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/pr-yayoi/53f1.pdf
*3東京大学医学部・医学部附属病院 健康と医学の博物館 大腸のふしぎ: http://mhm.m.u-tokyo.ac.jp/pdf/MHM_Catalog09.pdf
*4体位変換による腸蠕動の変化と腸音測定の検討: http://www.yamanashi-ken.ac.jp/wp-content/uploads/knk2011004.pdf

蠕動運動に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-30 (火) 16:35:29