健康用語WEB事典

ALT(alanine aminotransferase)

ALTはα-ケトグルタル酸ケト基アラニンアミノ基の転移反応を触媒して、ピルビン酸グルタミン酸を生成するアミノ基転移酵素アラニンアミノトランスフェラーゼとも。

以前は、GPTグルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていたもの。近年ALTに統一された。

ASTと同じく肝臓腎臓血球などに多く存在する。ただし、AST筋肉中にも多いのに対してALTは少ない。*1

ALTはアラニンα-ケトグルタル酸グルタミン酸ピルビン酸との間のアミノ基転移酵素で、肝臓腎臓に多く存在しているが、健常者の血清中には非常にわずかな量しか存在しない。*2

ASTと共に血液検査の項目のひとつ。血液中のアラニンアミノ基転移酵素アラニンアミノトランスフェラーゼ)の濃度を表す。

肝臓が障害を受けると肝臓細胞が壊れ、このALTが血液中に出てきてしまうため、ALTが高い値となる場合は肝臓の機能低下、肝疾患が疑われる。

*1技術評論社 奈良信雄 知りたいサイエンス とっても気になる血液の科学(2010/1/5)
*2LT (alanine aminotransferase), GPT (glutamic pyruvic transaminase): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/kouso/ALT.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ALTに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-30 (土) 10:27:37