C5a

アナフィラトキシンに分類される補体糸球体血栓形成に深く関与することが知られている。*1*2

トロンビンおよびトロンボモジュリンの複合体によって活性化されたアルギニン特異的カルボキシペプチダーゼ?はC5aを不活性化することにより好中球浸潤を抑制する事が報告されている。

*1第一薬科大学 分子生命化学教室 免疫学講義 荒牧弘範: http://square.umin.ac.jp/haramaki/yakudai/meneki/102407.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 腎障害におけるアナフィラトキシン、C3a,C5aの役割の解明 (KAKENHI-PROJECT-11671033): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-11671033/

C5aに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-12-06 (木) 18:13:54