健康用語WEB事典

KLF6(Krüppel-like factor 6)

クルッペル様転写因子のひとつ。転写の活性化因子としても抑制因子としても働き、がんの抑制や細胞の増殖および分化などに関わる。*1

ヒトやマウスの胎盤で非常多く発現する。三種類のスプライシングバリアントが存在する。他の転写因子であるSP1?KLF4p53c-SRC?LCOR?GSK3b?RUNX1-ETO9a?などと相互作用することが報告されている。

*1明治大学農学部研究報告 下垂体幹・前駆細胞にも発現している腫瘍抑制と分化に機能する Kruppel-like 型転写因子 KLF6 について: https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/bitstream/10291/17147/1/nogakubuhokoku_64_1_11.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


KLF6に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-12 (日) 09:33:32