健康用語WEB事典

TOR(target of rapamycin)

ラパマイシンの標的分子として同定された、細胞の成長に関わるセリン・スレオニンキナーゼ。哺乳類のTORはmTORと呼ばれる。*1

TORは、T細胞の増殖活性化を阻害する作用を持つ免疫抑制剤ラパマイシン細胞内標的分子として同定されたタンパク質であり、酵母からほ乳類に至るまで広く保存されている。ほ乳類TOR(mammalian TOR, mTOR)経路はアミノ酸グルコースなどの栄養源により活性が制御されている。mTORはp70 S6キナーゼ4E-BP1?といった翻訳開始に関与する分子のリン酸化を通してタンパク質合成を制御し、細胞の成長(大きさ)を制御している。*2

*1哺乳類ラパマイシン標的蛋白質(mTOR)の活性阻害をターゲットにしたがん治療: http://www.f-gtc.or.jp/mTOR/mTOR.html
*2東京大学分子細胞生物学研究所 膜蛋白質解析 前田研究室: http://www.iam.u-tokyo.ac.jp/1KEN/research1.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


TORに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-03-26 (月) 14:54:55