健康用語WEB事典

YAP(Yes-associated protein)

臓器細胞増殖やアポトーシスの頻度を調節して、その臓器の大きさの決定に関わるタンパク質*1

損傷を受けた肝細胞を排除するために働くことが確認されている。

YAPタンパク質肝臓の状態を感知して、肝細胞を増殖に導くか、あるいは排除するかの運命を決定します。損傷した肝細胞は YAP の活性化によって類洞側に移動し、細胞死を経て、クッパー細胞貪食されます。*2

*1The Hippo-Yes Association Protein Pathway in Liver Cancer: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3748736/
*2平成29年7月3日 国立大学法人 東京医科歯科大学「損傷した肝細胞を排除する仕組みを発見」― 肝臓を構成する細胞の品質管理による恒常性維持機構 ―: http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20170706_2.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


YAPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:51