健康用語WEB事典

アルデヒド脱水素酵素(aldehyde dehydrogenase : ALDH)

アルデヒドから水素原子を取り除いて酸化するデヒドロゲナーゼアルデヒドデヒドロゲナーゼとも。

アルデヒド脱水素酵素は知られているだけで14種類の類似の酵素があり、その中のアルデヒド脱水素酵素2ALDH2)と呼ばれる酵素アセトアルデヒドを主に処理します。*1

アルコール飲料の摂取によって取り込まれたエタノールから生じるアセトアルデヒド酢酸に変換するのはALDH2であり、この遺伝子型によってアルコール飲料に対する強さに違いが生じる。*2

フルルビプロフェンALDH活性を上昇させ、それによって小胞体ストレスによるALDH凝集抑制効果を有する可能性が示唆されている。*3

タグ: 酵素 デヒドロゲナーゼ アルデヒド

*1日本医科大学 細胞生物学分野(生化学部門) お酒とアルツハイマー病の関係: http://www.nms.ac.jp/ig/biocell/topics/alzheimer.html
*2武庫川女子大学バイオサイエンス研究所 飲酒と健康 健康な生活を送るために: http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/news/file/n130409.pdf
*3KAKEN — 研究課題をさがす | アルデヒドデヒドロゲナーゼを標的とした新規小胞体ストレス関連疾患治療戦略 (KAKENHI-PROJECT-15K08025): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K08025

ご意見・ご要望をお聞かせください。


アルデヒド脱水素酵素に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-26 (月) 07:50:35