健康用語WEB事典

トウキ(Angelica acutiloba)

セリ科の多年草。その根を湯通ししたものは生薬として用いられる。漢字では当帰。ホッカイトウキも同様に生薬となる。*1*2

成分としてリグスチリドブチリデンフタリドスコポレチンフェルラ酸バニリン酸などを含む。生理不順や生理痛、腹痛不妊症などの婦人科系疾患に用いられる。乙字湯紫雲膏四物湯?当帰芍薬散などの漢方に含まれる。

*1熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース トウキ: http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/yakusodb/detail/003404.php
*2大阪薬科大学報69: https://www.oups.ac.jp/about/j3d5l400000007kn-att/gakuhou_no69.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トウキに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2020-01-09 (木) 11:27:59