健康用語WEB事典

ブピバカイン(bupivacaine)

長時間作用性局所麻酔アミド型局所麻酔薬)のひとつ。過去30年以上にわたって広く使われてきたが、全身痙攣心停止を起こす中濃度に差が少ないことが明らかになったため、これに代わる安全性の高いロピバカインレボブピバカインが合成された。*1

ブピバカインの化学構造

臨床使用濃度のブピバカインがヒト関節軟骨細胞に強い毒性を示すことが報告されている。

*1ロピバカインの薬理学的特徴 金沢大学附属病院麻酔科蘇生科 山本健: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/29/4/29_4_509/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ブピバカインに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filebupivacaine.png 閲覧数 36回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-01-29 (水) 09:28:24