外側手綱核(lateral habenular nucleus)

手綱核の一部。腹側被蓋野縫線核投射し、ドーパミン神経セロトニン神経を主に抑制する。*1

哺乳類においては嫌悪刺激が予想された時や与えられた時に強く活動し、モノアミン神経を抑制することが報告されている。

レム睡眠の維持に重要な役割を果たしていることが報告されている。*2

*1「脳神経回路の形成・動作原理の解明と制御技術の創出」 平成21年度採択研究代表者 岡本仁(独)理化学研究所脳科学総合研究センター・副センター長 手綱核による行動・学習の選択機能の解明: http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/report/heisei23/pdf/pdf22/22-001.pdf
*2うつ病関連物質セロトニンを制御する外側手綱核は睡眠調節も担う | 理化学研究所: http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130515_1/

外側手綱核に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-11-09 (金) 10:31:05