濃染顆粒(dense granule)

血小板が持つ顆粒のひとつ。α顆粒よりやや小さく、数も少ない。ATPADPセロトニンカルシウムイオンなどを含む。*1

血小板の活性化に伴って中身が細胞外に放出される。セロトニンADP血小板オートクライン的活性化増幅に関与すると考えられている。*2

*1山口大学大学院医学系研究科病態検査学分野(病態検査学) 岡野こずえ 血小板に魅せられて: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ymj/64/1/64_5/_article/-char/ja/
*2日本内科学会雑誌第 活性化血小板に由来する生理活性物質:臨床への展望 矢冨裕: https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/97/1/97_168/_pdf

濃染顆粒に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-19 (火) 12:26:35