結合腕傍核(parabrachial nucleus)

に存在する神経核腕傍核とも。外側結合腕傍核内側結合腕傍核?に分けられる。

呼吸や循環、体温味覚痛覚などの感覚情報が入力される事が知られている。また、孤束核を経由する求心性入力や扁桃体視床下部投射する経路が存在し、自律神経系情動の調節に関与することが示唆されている。*1

暑さに関する情報を体温調節中枢へ直接伝える神経細胞が密集していることが確認されている。皮膚から伝わる暑さの情報は脊椎を経由して結合腕傍核へ伝達され、その情報を元に体温調節中枢皮膚血管を拡張したり、体内の熱の産生を抑制するための指示を出す。*2

*1日本生理学会 感覚と自律機能の調節機構:橋結合腕傍核の機能と役割(S36): http://physiology.jp/wp-content/uploads/2015/03/Symposia_-20150301_-S36_-28-29.pdf
*2暑さから身を守るための温度感覚の仕組みを解明 — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100427_2.htm

結合腕傍核に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-05-28 (月) 09:55:26