健康用語WEB事典

IRAK1(IL-1R associated kinase 1)

IRAKのひとつ。712個のアミノ酸から成る。病原体刺激に対してが早期に活性化し、炎症性サイトカインなどの遺伝子発現を制御する。*1

MyD88IRAK4の下流に位置し、IRF7リン酸化に必須の酵素として働く。*2

TRAF6との結合やその分解誘導、NF-κBの活性化などを起こすドメインを持つ。*3

*1Nature Immunology 9: 684-691 (2008) | 研究成果 | 大阪大学微生物病研究所 RIMD 文部科学省共同利用・共同研究拠点: http://www.biken.osaka-u.ac.jp/achievement/research/2008/87
*2自然免疫におけるウイルス感染認識機構 植松智 審良静男 大阪大学微生物病研究所自然免疫学: http://jsv.umin.jp/journal/v56-1pdf/virus56-1_001-008.pdf
*3KAKEN — 研究課題をさがす | TRAF6の分解を利用した感染症疾患治療薬候補物質の探索に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-16K08352): https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-16K08352/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


IRAK1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-09 (月) 14:53:06