PAMPs(pathogen-associated molecular patterns: PAMPs)

パターン認識受容体が認識して自然免疫を起こすきっかけとなる、病原体に共通する構造。*1

PAMPsへの刺激によってマクロファージから速やかにIL-6が産生され、急性期タンパク質の合成や免疫細胞の活性化・分化が誘導される。*2

*1ウイルス感染・腫瘍に対する自然免疫応答の制御機構 高島謙: https://www.med.hokudai.ac.jp/graduate/dissertations/doc/2016-summary/s2016054.pdf
*2炎症性疾患に対する IL-6 阻害療法:現状と今後の展開 田中敏郎: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/38/6/38_433/_pdf

PAMPsに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-15 (水) 10:06:54