健康用語WEB事典

TAP(transporter associated with antigen processing)

ATPによって働くペプチド輸送体。TAP-1TAP-2?からなるヘテロ二量体古典的クラスⅠ分子による抗原提示において、プロテアソームによって産生されたペプチド断片を小胞体内へ輸送するタンパク質*1*2

プロテアソームによって限定分解されてできたペプチドHSP70などのシャペロンにより小胞体に輸送された後、TAPによって小胞体の内腔へと導かれる。ATP依存性にペプチドを輸送する。*3

MHCクラスⅠ分子に結合しやすい7〜13個のアミノ酸からなるペプチドを効率よく輸送する。TAPの遺伝子が欠損すると、MHCクラスⅠ分子細胞表面への発現が非常に悪くなる。

*1特集:生体防御メカニズムの分子基盤 非古典的MHCクラスI分子の構造と機能 梶川瑞穂 笠原正典: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/11/81-03-07.pdf
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 小胞体膜におけるペプチド輸送マシーナリーの構造生物学 (KAKENHI-PROJECT-13033027): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13033027/
*3熊本大学大学院生命科学研究部・教育部 蛋白質・核酸・酵素 T細胞に抗原を認識させる主要組織適合抗原の構造と機能: http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/immunoge/frame/PNE.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


TAPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-01 (日) 13:09:55