健康用語WEB事典

ニューモシスチス肺炎(Pneumocystis pneumonia)

エイズなど免疫不全や免疫抑制剤の使用による免疫低下に伴うびまん性間質性肺炎ニューモシスチス・イロヴェチ(Pneumocystis jirovecii)が原因。以前はカリニ肺炎と呼ばれたことがあったが、この名称は誤りとされる。*1*2*3*4

ニューモシスチス・イロヴェチ自身は組織障害性が低いが、これに対する宿主免疫反応が組織障害の原因となる。

自覚症状は主に発熱乾性咳嗽呼吸困難の3つ。第一選択薬ST合剤第二選択薬ペンタミジン

サラゾスルファピリジンスルファサラジン)がニューモシスチス肺炎を予防する効果を有することが報告されている。*5

*1最新医学「新しい診断と治療のABC.17:肺炎、改訂第2版」 肺炎の病理 pathology of pneumonia 藤田保健衛生大学医学部病理学 堤寛: http://info.fujita-hu.ac.jp/pathology1/pathology_of_pneumonia.pdf
*2杏林大学 真菌(ニューモシスチス・イロヴェチ) 染色説明: http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/health/pathology/stain/lec13679/m02_3.html
*3ニューモシスチス肺炎|大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学: http://www.imed3.med.osaka-u.ac.jp/disease/d-immu12-1.html
*4東京女子医科大学病院感染症科 当院に通院中の患者さんへ(臨床研究に関する情報): http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/images/info-image/kansensyoukakaranoosirase.pdf
*5つくばリポジトリ 関節リウマチ患者におけるスルファサラジンのニューモシスチス・イロベチイ肺炎予防効果に関する臨床研究: https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=51231&item_no=1&page_id=13&block_id=83

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ニューモシスチス肺炎に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-05 (火) 15:46:26