健康用語WEB事典

ILC2(innate lymphoid cell 2)

腸間膜に存在するリンパ球集積(FALC)で発見された自然リンパ球自然免疫に関わる造血幹細胞由来のリンパ球NH細胞ナチュラルヘルパー細胞)とも呼ばれた。

脾臓リンパ節には存在せず、FALCに存在することが確認され、後に皮膚腸管などでも存在が確認されている。*1

T細胞と異なり、分化胸腺を必要としない。ヘルパーT細胞に似ているが、抗原受容体発現しないため抗原を特異的に認識することはできない。サイトカイン分泌して食細胞の活性化を行う。分泌するサイトカインの種類によって複数の種類に分けられる。傷害を受けた上皮細胞から放出されるIL-25IL-33などに応答し、IL-5IL-13などの2型サイトカインを迅速かつ多量に産生することで寄生虫排除やアレルギーの病態形成に関わるとされる。IFNIL-27によって活性化が抑制される。*2*3*4

IL-33依存性に誘導され、好酸球性食道炎の病態に関わるとされる。*5

NH細胞は、アレルギー寄生虫感染で産生がみられるIL-33に反応することでIL-5IL-6IL-13などのTh2サイトカインを産生する。その産生量はTh2細胞肥満細胞好塩基球など、これまで知られてきたTh2サイトカイン産生細胞を遥かに凌駕する。NH細胞の産生するTh2サイトカイン腹腔B1細胞の自己複製を維持し、B細胞によるIgA産生を促進し、寄生虫感染では杯細胞の過形成を誘導することで排虫を促すことが明らかになっている。*6

*1KAKEN — 自然リンパ球ナチュラルヘルパー細胞の微小環境ニッチの同定: https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K15158/
*2免疫・アレルギー | 大阪大学免疫学フロンティア研究センター: http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp/jpn/laboratory/kazuyo_moro/
*3技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*4兵庫医科大学先端医学研究所アレルギー疾患研究部門 岩崎成仁 善本知広 アレルギー用語解説シリーズ 自然リンパ球: https://www.jstage.jst.go.jp/article/arerugi/65/2/65_141/_pdf
*5KAKEN — 研究課題をさがす | 自然リンパ球を標的とした好酸球性食道炎の病態機序の解明 (KAKENHI-PROJECT-26870378): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-26870378/
*6ナチュラルヘルパー細胞の分化機構の解明 | 組織・研究内容 | 細胞運命制御: http://www.riken.jp/cell-fate/organization/theme_public_25.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ILC2に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-13 (水) 14:09:06