健康用語WEB事典

ウンシュウミカン(Citrus unshiu)

代表的なミカン。漢字では温州蜜柑冬ミカンとも。

温州は中国の地名だが、ウンシュウミカンの実際の原産地は鹿児島と考えられている。千葉県以西の海岸地帯で栽培され、主産地は愛媛、和歌山、静岡、佐賀、熊本など。*1*2

果実には種がほとんどできない。受粉が起きたものには稀に種が存在する。

国内における柑橘類出荷量の約7割を占める。ウンシュウミカンの親品種はキシュウミカン(種子親)とクネンボ?(花粉親)であるとされる。*3

β-クリプトキサンチンを多く含む。ヘスペリジンナリンジンリモネンを含む。

成熟したものの果皮を乾燥させたものはチンピ陳皮)、未熟なものの果皮セイヒ?青皮?)と呼ばれ、生薬となる。*4

100gあたりの栄養*5

じょうのう(薄皮)を含む。

*1東京学芸大学 学芸の森 私の植物 ウンシュウミカン: https://www.u-gakugei.ac.jp/~planttgu/009.htm
*2北海道医療大学 野菜と果物のお話 ミカン: http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~maruho/2a-15mikan.html
*3ウンシュウミカンの親がキシュウミカンとクネンボであることをDNA鑑定で推定しました | 農研機構: https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/nifts/072687.html
*4熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース ウンシュウミカン: http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/yakusodb/detail/003339.php
*5食品成分データベース: https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ウンシュウミカンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-01-08 (水) 08:36:54