AMPK(AMP-activated protein kinase)

全ての真核細胞に存在するプロテインキナーゼAMP活性化プロテインキナーゼとも呼ばれる。細胞のエネルギー状態のセンサーとして働く。細胞ATPの減少によって活性が上昇する。*1

運動によってリン酸化して活性化する。AMPKのPPARγ1発現上昇作用を介してリポタンパク質リパーゼ発現が亢進させ、脂質代謝が促進される。*2

運動したときに筋細胞内のAMPKはリン酸化を受けて活性化することが知られています。筋肉でのAMPKの活性化は、ミトコンドリアの増加やの取り込みの増加、インスリン感受性の増加など、さまざまな有益な効果をもたらすことが報告されています。*3

3つのサブユニット(α、β、γ)から構成されるヘテロ三量体。AMPKが活性化されると、肝臓脂肪合成に関わる転写因子炭水化物応答領域結合タンパク質?リン酸化して不活性化されるため、脂肪合成関連遺伝子転写活性が低下して脂肪の合成が抑制される。*4

*1イソロイシンの糖代謝調節作用と臨床応用の可能性 吉澤史昭: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2015/01/86-03-07.pdf
*2運動による脂質代謝改善効果の分子機構を解明 - エネルギーセンサータンパク質AMPKの骨格筋における新たな役割 -: http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2014/20140403-1.html
*3共同発表:肝臓ホルモン「ヘパトカイン」が運動の効果を無効に~運動の効果に個人差がある原因の一つを解明!: http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170228-2/index.html#YOUGO1
*4日本栄養・食糧学会誌 酢酸の生理機能性 山下広美: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs/67/4/67_171/_article/-char/ja/

AMPKに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-03-24 (土) 22:46:22