ホスファチジルイノシトール二リン酸(phosphatidylinositol diphosphate : PIP2)

細胞膜中に微量に存在するイノシトールリン脂質ホスファチジルイノシトールビスリン酸とも。

ホスホリパーゼCによって加水分解されて細胞内にイノシトール三リン酸を生じる。また、イオンチャネルの制御に関わる。*1*2

PI(3,4)P2?PI(4,5)P2は主に形質膜の細胞質側に存在する。特にPI(4,5)P2は定常的に存在する主要なホスファチジルイノシトールリン酸であり、様々なタンパク質形質膜局在を制御している。

α-TTPによるα-トコフェロールビタミンE)の輸送を促進することが知られている。*3

*1日本薬理学雑誌 イノシトールリン脂質によるイオンチャネルの制御: http://plaza.umin.ac.jp/JPS1927/fpj/topic/topic121-2-131.htm
*2カルシウムイオンチャネル「IP3レセプター」の開口メカニズムを解明 | 理化学研究所: http://www.riken.jp/pr/press/2011/20110830/
*3ビタミンE特異的輸送タンパク質α-TTPによる体内ビタミンEレベルの制御 河野望 新井洋由: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2014/11/86-02-14.pdf

ホスファチジルイノシトール二リン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-03-01 (金) 13:53:10