マルチトール(maltitol)

マルトースから作られる、甘味料として使用される糖アルコールのひとつ。還元麦芽糖とも呼ばれる。

マルチトールの化学構造

1gあたり2kcal砂糖の80〜90%の甘味を持つ。*1

小腸消化吸収されにくい難消化糖質であるため、血糖値の上昇が少なくインスリン分泌を促進しない。一部は大腸発酵・吸収される。糖尿病患者の代替甘味料として利用される。

また、虫歯菌によって代謝されないためプラークを形成しない。

マルチトールは、砂糖の80%程度の甘味度を有し、キシリトールエリスリトールのような冷涼感はなく、糖アルコールの中で甘味の質が最も砂糖に似ているため、食品業界や糖尿病の臨床現場などにおいて、広く使用されている。マルチトールは、消化吸収されにくいため、血糖値の上昇が少なく、グルコース代謝するために必要なインスリン分泌をほとんど刺激しない。*2

*1杏林大学医学部付属病院栄養部 監修:糖尿病・内分泌・代謝内科 石田均: http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/clinic/introduction_nourishment/pdf/1507.pdf
*2糖アルコールを使用した洋菓子の食後血糖値上昇抑制効果: http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170519195229.pdf?id=ART0010613077

マルチトールに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filemaltitol.png 閲覧数 237回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:51