健康用語WEB事典

脂肪酸結合タンパク質(fatty acid binding protein : FABP)

細胞内にある、脂肪酸に結合するタンパク質。12種類が確認されており、部位によって細胞内にある脂肪酸結合タンパク質の種類が異なる。*1*2*3*4

アラキドン酸ドコサヘキサエン酸などの水に不溶な脂肪酸に結合して、それを可溶にする働きを持つ。*5

通常、細胞内において炭素数12個以上の長鎖脂肪酸は水に不溶なので、これらを溶けるようにする役割を果たしているとされる。*6

その他の働きとして、脂肪酸の取り込みと代謝リン脂質膜の構成制御、シグナル伝達の制御、転写制御などが予想されている。*7

FABP4?FABP5?は、動脈硬化代謝異常に関わることが示唆されている。

*1山口大学医学部器官解剖学分野: http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~org-anat/research_content_j.html
*2脂質代謝における新しい展開: https://catalog.takara-bio.co.jp/PDFS/8570.pdf
*3https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/8622/1/%E5%86%85%E5%AE%B9%E8%A6%81%E6%97%A81489.pdf
*4群馬県地域共同リポジトリ 脂肪酸結合タンパクFABP4/5は絶食時の応答に重要な役割を果たす: https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/8622/1/%E5%86%85%E5%AE%B9%E8%A6%81%E6%97%A81489.pdf
*5器官解剖学分野 | 東北大学大学院医学系研究科・医学部: http://www.med.tohoku.ac.jp/org/medical/02/
*6脂質恒常性の制御機構: http://ds22.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~seika2/kennkyuusuishin/Naiyou/oowada/liqid.html
*7山口大学医学部器官解剖学分野

ご意見・ご要望をお聞かせください。


脂肪酸結合タンパク質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:11:03