MHCクラスⅠ分子(major histocompatibility complex class I)

MHCのひとつ。キラーT細胞がこれに挟み込まれたエピトープを認識する。

基本的に全ての有核細胞発現される膜タンパク質であり、細胞質プロテアソームによって産生されたペプチド断片をキラーT細胞に提示する。MHCクラスⅠ分子による抗原提示は、ウイルス感染したりがん化したりすることで異常なタンパク質を産生するようになった細胞を除去する上で重要。*1

細胞外から取り込んだ抗原細胞内のタンパク質(自己のタンパク質ウイルス)を提示する役割を持つ。*2

古典的クラスⅠ分子クラスIa分子)と非古典的クラスⅠ分子クラスIb分子)に分けられる。*3

ヒトのMHCHLA)の種類*4

*1特集:生体防御メカニズムの分子基盤 非古典的MHCクラスI分子の構造と機能 梶川瑞穂 笠原正典: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/11/81-03-07.pdf
*2技術評論社 桂義元 免疫はがんに何をしているのか? 見えてきた免疫のメカニズム 2016/12/25
*3特集:生体防御メカニズムの分子基盤 非古典的MHCクラスI分子の構造と機能 梶川瑞穂 笠原正典: http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2013/11/81-03-07.pdf
*4簡単免疫学講座 13.MHCのタイプ|滋賀医科大学|病理学講座|疾患制御病理学部門: http://www.shiga-med.ac.jp/~hqpatho2/lecture/immunology/lecture_13.html

MHCクラスⅠ分子に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-06 (土) 10:25:02