マスト細胞(mast cell)

肥満細胞とも呼ばれる。この「肥満」は、化学伝達物質を充満させた顆粒を大量に持っていることから名付けられている。*1

種々のサイトカインヒスタミンなど)を分泌することにより免疫反応の調節を行うとされる。

肥満細胞免疫反応やアレルギー反応を担う細胞であり、皮膚粘膜など全身に広く分布しています。たくさんの顆粒(物質を溜め込む袋)を細胞内に持っており、この顆粒内にはさまざまな化学物質が蓄積されています。*2

マスト細胞の表面にはIgEFc領域に対する受容体Fcε受容体)があり、アレルゲンと反応したマスト細胞は、ヒスタミンなどを放出して、周囲にアレルギー反応(炎症)を引き起こす。*3*4

*1筑波大学 大学院人間総合科学研究科、基礎医学系・免疫学 アレルギーから学ぶ免疫学の基本原理: http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/immunology/hitome2.htm
*2岡山大学 ポリアミン輸送タンパク質によるヒスタミン放出調節 新たな抗アレルギー薬へつながる発見: https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press28/press-170118.pdf
*3オーム社 絵とき 免疫学の知識 垣内史堂
*4アレルギーが起こるしくみを理解する | 研究紹介 | 奥羽大学: http://www.ohu-u.ac.jp/faculty/research/researchP5.html

マスト細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:50